これが医師転職

PAK75_karutemitenayamu20141025131412_TP_V

医師の転職にまつわる情報をご紹介しています。

医師は難関の大学医学部へと入学し、6年間の勉強を経た後、国家試験に合格して、実際の現場に出て5年間厳しい研修を受けることになります。この道のりは誰でも同じで、医師になるまでの道のりはほとんど一直線と言って良いでしょう。ゆえに進路に関しても迷うことなく、成り行きでどんどん決まっていってしまうことがあります。先輩・後輩の関係や、同期の研修医同士、また教授とのコネクションによってその医師の人生は決められていくといっても過言ではありません。医師の世界は非常に狭いものですから、身の回りの医師と良好関係を保つためにも勧められた話はなかなか断るわけにはいきません。

医師が転職を考えるときは、そんな決められたレールに違和感を覚えたときかもしれません。自分がどんな医師になっていきたいか、キャリアプランを考えた際に「今の職場でない」と感じれば医師は転職を決断します。
また人間関係がこじれた際にも医師は転職を考えることでしょう。医局にはその医局独特の伝統や文化、環境や雰囲気などがあり、そしてそこで働く人たちとどうしても合わなければ長く働いてくことも難しいでしょう。
医師の世界においては東京へ人材が集中しがちな傾向があり、地方であっても都内と何ら変わりなく医師として活躍できる場があります。こういった際には思い切って地方へと引っ越し、新天地でまた違った人間関係を築きながら医師人生再スタートしてみるのも良いかもしれません。地方であれば東京よりも給料がよく、また緊急搬送されてくる患者も比較的少ないので、労働時間も短くて済みます。
地方の方が給与が高い理由としては、地方の方が医師の人口が少なく、1つ1つの業務における責任が地方の方が重いことがあります。どちらの方が良いかというのはその医師によりますが、地方であっても誇りをもって働ける環境があり、近年は地方に転職を希望する医師も増えてきています。

医師としての人生の転機が訪れた際には医師転職サイトに登録して転職活動を進めていくと良いでしょう。現在医師が転職をする際は医師同士のコネクションを利用して直接交渉して転職していく人が7割以上になりますが、自ら希望の求人案件を医師転職サイトで探して転職していく人も増えてきています。医師転職サイトであれば担当のコンサルタントがいて、細かい条件や交渉ごとは全てその代理人に任せることで普段の業務の支障にはなりません。今後も医師転職サイトの利用者は増え、サービスも向上されていきますので動向に注目です。

医師求人を比較